スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

白骨温泉 小梨の湯 「笹屋」 @長野 ~宿編~ 

2013/04/09
Tue. 07:43

今日の宿 「笹屋」 に到着
DSC02193s.jpg
DSC02195s.jpg

洗練された雰囲気を持つ綺麗な女将が出迎えて下さいました
お着物ではなく作務衣です

この歳になりますと、、
髪をばっちりとアップに結った着物の女将は、なんとなく、、、疲れちゃうというか、、、(詫詫)
そういう意味で作務衣にホッ。。

所作が非常に美しい方なので、作務衣と言えどもやぼったさは微塵もない
言葉遣いや表情にお客さまを大切にする心が表れていて、優しい笑顔もホッとする

イイお宿だ!



昆布茶と蕎麦ようかんで一服
DSC02196s.jpg


部屋に案内していただき、少しくつろいだあと、早速お風呂へ~


こちらは男女別の内湯と、貸切の露天風呂が1つあります

貸切露天はこちら
入口の立て札が 「空き」 になっていれば入れるシステム
DSC02202s.jpg
あいにく、どなたかが入浴中のため、内湯へ

階段を上った先が内湯
DSC02204s.jpg
こういう造りは、ワクワク感が増すんですよね~、 好き




そして、



感動の内湯と出会ったのでありました



いきますよ~~~






わお!
DSC02215m

ゆ、湯船の縁、見てください!!
DSC02207m

ご興味のない方はスルーしてくださいね ひとりでコーフンしてごめんなさい (^_^;)


天井の梁
DSC02209m

硫黄泉 源泉は52℃
DSC02213m
香りもすばらしい

景色もよろしい
DSC02222m

味は薄い昆布茶味
DSC02212m
飲泉はあまりしないのですが、美味しくて2杯飲んじゃいました 苦笑

芸術的な析出物
DSC02225m

たわわに溢れる極上湯が誘っています  「You、入っちゃいなよ!」 (ジャニーさんの言い方で)
DSC02226m

析出物ワールド
DSC02217s.jpgDSC02221s.jpg
DSC02224s.jpgDSC02218s.jpg
側面は甘鯛のうろこの唐揚げを彷彿とさせます
30年かけてこうなったとのこと、もう両手を合わせて拝むレベル 笑

函館の湯の川温泉に 「日の出湯」 という銭湯があるのですが
その湯舟を思い出しました
まさにこんな芸術的な様相なんですよ




内湯を堪能したあと、貸切露天の前を通ると
DSC02228s.jpg
空いちゃってるよ~ いえーい


露天はこちら
DSC02231s.jpg
あれ!? 甘鯛はいずこへ・・・


いえいえ、  こちらも素晴らしい湯舟です
ただ、内湯に感動しすぎたので、どうしてもウロコを期待してしまい。。

露天の方が新しいのでしょうね
析出物がまだそんなに育っていない感じ
こちらも長い年月をかけて内湯化していくのでしょうか、そう思うとワクワクします


しかしながら、景色は最高
DSC02232s.jpg
タヌキやサルが通れば、至近距離で目が合っちゃうでしょう

露天風呂ならではの贅沢ですね
DSC02233s.jpg

DSC02235s.jpgDSC02236s.jpg
DSC02239s.jpgDSC02242s.jpg



さっぱりしたあとは、部屋でビール 



白骨温泉、なめてました・・・ 詫詫
勝手なイメージで、、泉質は薄い、湯量も少ない、そんな風に思っていました

しかし、すばらしい温泉だった
あの析出物と湯量がすべてを証明しています
お宿の方々が大切に守り続けているお湯、 我が家はリピート決定です!


そんなこんなを話しつつの  「王禄」  笑
DSC02248s.jpg


さて、お夕飯

食事処の入口に掲げてあったこちら
DSC02245s.jpg
「食材は安曇野の無農薬野菜」 生産者のお名前も記されています


手間をかけたメニューが並びました

またたび?の柚子味噌 蕗味噌 岩魚の唐揚げ など / 白和え (野菜、忘れました・・・)
DSC02249s.jpgDSC02251s.jpg

馬刺し / 岩魚と茶そばのお吸い物
DSC02261s.jpgDSC02258s.jpg
お吸い物、感動のお味だった

信州豚のしゃぶしゃぶ / しゃぶしゃぶ用の野菜
DSC02254s.jpgDSC02255s.jpg

しゃぶしゃぶのお鍋
DSC02256s.jpgDSC02264s.jpg
お鍋に入っているのは温泉で、火が入ると白濁します
そうそう、さっきお風呂で飲んだけど美味しかった
あれを出汁にしてあるのなら、 ウマクナイワケガナイ、イエスッ!

ポン酢と塩胡椒の器が用意されていたのですが、塩胡椒が美味しすぎ!!
塩胡椒の器には出汁を適量注いでいただくのですが、 いや~、うまい!
ワレワレは、お肉も野菜も最後まで塩胡椒でいただきましたよ

ふろふき大根 / ふきのとうの天ぷら
DSC02262s.jpgDSC02267s.jpg

鮎の味噌蒸し
DSC02265s.jpgDSC02266s.jpg
こちらも感動の美味しさでした
鮎のお腹に味噌を詰め、3時間ほど蒸すそうな
頭も中骨も柔らかくなり、1本丸ごと味わえます
身の旨みとお味噌が合わさって美味しい!

ご飯がすすむ、危険なメニューでした 苦笑


蕎麦がき / お漬物
DSC02259s.jpgDSC02268s.jpg

美味しかったー!




ぐっすりと寝た翌朝は、また内湯に浸かって至福の時間を過ごす     贅沢じゃ~



朝食
DSC02270s.jpg

白米とお粥が選べたので、お粥で / 鮎の一夜干し
DSC02272s.jpgDSC02271s.jpg

サラダ / 煮もの
DSC02273s.jpgDSC02275s.jpg


いや~、イイお宿でした
お風呂、お料理、宿の雰囲気、おもてなし
すべてが満足満足のお宿でした



我が家は再訪間違いなし♪



にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

先日、白骨温泉に行ってきました~!

東京から比較的近いのに一度も行ったことがなかった温泉地です
昔、よろしくないニュースで話題になったことがありますが、、
ワレワレが温泉好きになったのもあの頃から
ホンモノ温泉という言葉がさかんに使われるきっかけになったニュースだったように思います

ワレワレもホンモノを求めて北へ南へ津々浦々~ 
有名なのに行ってない、あの白骨に行ってみよう! ということになりました




で、 まずはラーメン、 笑

夫のモットー  「人生 酒・麺・温泉」 ですんで  

松本市にある 「あさの
DSC02152s.jpg

支那そば 600円
DSC02150s.jpg
うんまい♡



さーて、これからどーする?
宿のチェックインにはまだまだ時間あるよ

松本城も何度も行ったしなぁ・・・

こういうときはたいてい、ホームセンターでキャンプ道具を物色するのですが、、、


夫 「風呂、いくか」

これから温泉宿に行くというのに、その前に立ち寄り湯に行きたがる温泉好きのオッサン


ということで、乗鞍温泉に向かいました
調べると、「せせらぎの湯」 という無料の立ち寄り湯があるそうな

「コロナ連絡所前」 というバス停の向かいの道を降りるそうな
DSC02158s.jpg

降りるオトコ
DSC02153s.jpg

雪がまだこんなに残っています
DSC02154s.jpg
白樺の林が広がり、ワクワク感が増す



あ! あの小屋とちゃう?

「いいねぇ~!」 と言いつつ降りていくと







冬季閉鎖中・・・ 
DSC02155s.jpg
調査不足でアリマシタ・・・


近くには 「湯けむり館」 という温泉施設もあるのですが
あまり大きなお風呂を好まないワレワレ、、、 う~~~ん、、、

と!

思い出した! 「福島屋」 !
以前、スキーで何度か泊まった宿が近くにあるではないか!  お~いえ~♪


はい、こちら♡
DSC02162s.jpg

スキーをしなくなって、もう何年も行っていなかったお宿
しかし、お風呂が良かったのは覚えている


内湯  昔と変わらぬ極上湯♪
DSC02163s.jpgDSC02165s.jpg

DSC02186s.jpgDSC02169s.jpg

DSC02185s.jpgDSC02189s.jpg
粒子の細かい湯花です

他に立ち寄り湯のお客さんはおらず、連泊の方々もスキーに行っているのか
宿は静かで、夫も私も極上湯を一人占め


露天風呂  こちらも湯量豊富
DSC02171s.jpgDSC02179s.jpg

DSC02173s.jpgDSC02178s.jpg

DSC02177s.jpgDSC02172s.jpg
注ぎ口に溜まっている湯花を触ると、ふわっと柔らかくてツルツル

まさしく    「極楽じゃ~」




お風呂上がりの冷麦茶
DSC02190s.jpg

あ~、あったまりました



さて、そろそろいい時間になってきました
宿、いくか~


途中、新島々駅の近くにある深澤酒店で 「王禄」 購入
DSC02158ss_20130408031807.jpg

宿へ向かいます♪



宿の様子は、次回に。



にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ
にほんブログ村

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

高湯温泉 「旅館 ひげの家」 @福島 

2013/03/20
Wed. 10:16

先々週の週末に福島の温泉宿へ行ってきました

まずは、ラーメン♪
DSC01988s.jpg
福島市にある 「伊達屋
伊達鶏のスープが美味しい!

お腹を満たしたあと、近くにある 「うつわの店 ちゃぶだい」 へ
DSC01991s.jpg
益子焼の器や作家さんが作られたかわいいデザインの食器が所狭しと並ぶ
酒器やスープの器などを買って、 さぁ、お宿へ!


高湯温泉 「旅館 ひげの家」
DSC02051ss.jpg
高湯温泉は大好きで何度も行っている温泉地ですが、こちらの宿は初めて

DSC02052ss.jpg
高湯ですのでお湯がいいのは当然ながら、こちらのお宿は食事もいいと聞き
一度行ってみたいと思っていました

部屋で一息ついたら、早速お風呂へ~ 

男女内風呂、男女露天風呂、そして貸切露天風呂が1つあります

女性用露天風呂
木の湯舟がいい!
DSC01992ss.jpgDSC01993ss.jpg
早い時間にチェックインしたので、私ひとりです、 ひとり占め~~♪
硫黄の香り  湯量も豊富


内湯  露天と同じく、たっぷりと注がれています
DSC01997ss.jpgDSC02000ss.jpg
DSC02001ss.jpgDSC02003ss.jpg
湯の花がキラキラしてて美しいお湯ですよ~

ゆっくりと浸かったあとは、  一旦、休止 (部屋でビールっちゅうことです)


廊下に掲げられていたおヒゲの男性
DSC02008ss.jpg
この方が創業者だそうな  なるほど~、それで 「ひげの家」 ね


そして、 夕飯前に、貸切露天風呂へ
DSC02012s.jpgDSC02015ss.jpg
DSC02011ss.jpgDSC02018ss.jpg
鍵が開いていれば入れるシステム
3、4人で一杯になるくらいの大きさです
こちらも湯量豊富で、熱め  ワレワレ好み
お互いの仕事のことやら、その他あれこれを話しながら
ゆっくりとお湯に浸かって のんびりまったり~



さて、お楽しみの夕飯です  部屋食でお願いしました

先附 根三つ葉のからすみ和え  /  前菜 新馬鈴薯の旨煮 菱玉子など
DSC02020ss.jpgDSC02021ss.jpg
 
前菜 プチベールの手まり寿司  /  お造り 手前は平貝 美味しいっ!
DSC02024ss.jpgDSC02019ss.jpg

ふきのとう豆富  /  ほたるいかの黄身酢和え
DSC02027ss.jpgDSC02028s.jpg

鰆の東寺蒸し 蓬餡  /  黒毛和牛しゃぶしゃぶ
DSC02030ss.jpgDSC02022ss.jpg


雲丹と子持ち白魚の玉子宝楽  /  あさりしんじょうのお吸い物
DSC02031ss.jpgDSC02033ss.jpg

どれも美味しかったですが、
特に平貝、手まり寿司、根三つ葉・からすみ 最高でした!


翌朝、
朝風呂の後、部屋で日本茶と読書(笑)
DSC02035ss.jpg


朝食もやさしい味のおかずが並ぶ
DSC02037s.jpgDSC02042ss.jpgDSC02040ss.jpg


いいお宿でした!


にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ
にほんブログ村

[edit]

CM: 6
TB: 0

page top

大沢山温泉「大沢館」 @新潟 

2013/01/24
Thu. 00:01

3連休の2泊目は、大沢山温泉「大沢館」

こちらも「日本秘湯の会」の宿で、温泉好きの間では有名な旅館です
DSC01939s.jpg

この宿の楽しみはコレ!
IMG_9899s.jpg
なんだか分かりますか? 
玄関に鎮座するこの石のオブジェ?

実は水盤です

季節の果物が冷たい水に放たれていて、
どうぞお召し上がりください、と置かれているのです
網の柄杓ですくって、手前に置かれたまな板と包丁で切って食べる
嬉しいおもてなしです


この写真をFBにUPしたら、友だちが「わ~、気持ちよさそう~」とコメントしてきた
え!? 気持ちいい?

しばし悩み、、、

あ! コレ湯舟と勘違いしてるんや、と分かる 笑笑~~~
この水盤に浸かったら、公然ワイセツ罪でタイホやで


また別の場所には、甘酒とこんにゃくの田楽
DSC01904s.jpg

玄関脇の囲炉裏部屋には、おにぎり
IMG_7575s.jpg
囲炉裏で炙って、お味噌や醤油をつけて食べるのだヨ 

さてさて、露天風呂へ
DSC01908s.jpg

渡り廊下の途中にィ~    またまたあるヨ 魅惑の食べもの
DSC01899s.jpg
アイスキャンディー

あせるな!たっぷりあるんやから  それはお風呂の後や!

勇気あるスルーをし、露天風呂に到着
DSC01910s.jpg

はい、お風呂です  これぞ正しい雪見風呂
DSC01911s.jpg
DSC01913s.jpg
DSC01914s.jpg
DSC01927s.jpg

のんびりとお湯に浸かったあと、 そしてアイスキャンディーのあと、 囲炉裏部屋でまったりと過ごす
IMG_9898s.jpg
お餅を炭で焼く

炙り担当はもちろん、夫
IMG_7593s.jpg

他にも、ちまきや焼きいもなどがありました
館内のいろんな場所に用意されているおもてなしが、とっても楽しいお宿です

お夕飯はこんな感じ
IMG_9909s.jpgIMG_9910s.jpg
IMG_9911s.jpgIMG_9914s.jpg
IMG_9913s.jpgIMG_9915s.jpg
ご主人が一升瓶を片手に各テーブルを回ります
すでにちょっと酔ってんじゃないの?風の、ええ味だしてるご主人です、必見!


翌朝、一番のりで内湯へ
DSC01902s.jpg
ひとり朝風呂の贅沢を満喫


3連休、たっぷりと楽しめました~
元気をいっぱい充電して、
今年やりたいこと・すべきことを頭の中で整理した旅でした


さぁ、やるぞ!!




にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ
にほんブログ村

[edit]

CM: 4
TB: 0

page top

奥山田温泉「満山荘」 @長野 

2013/01/21
Mon. 23:55

先日の3連休は長野と新潟の温泉宿に行ってきました

大好きで何度もリピートしている宿、奥山田温泉「満山荘」です
「日本秘湯の宿」ですよ

玄関ロビーの火鉢
DSC00586s.jpg
この釜にはそば茶が入っていて
ご主人が柄杓ですくってお出迎えの1杯を出してくれます
香ばしい香りに包まれて、ほっこり

玄関から出られるベランダ
DSC00592s.jpg
北アルプスが見渡せる特等席です

部屋には囲炉裏がありました
IMG_9864s.jpg
炭は用意されていませんでしたが、
この周りで本を読んだりお酒を飲んだり、ほとんどここにいたんじゃないかな

何度も泊まっているお宿ですが、毎回、部屋のタイプが違って
今日はどんな部屋かなぁ、と、楽しみ楽しみ♪
IMG_9868s.jpg

浴衣ではなく作務衣です はだける心配なしなのだ
DSC01851s.jpg

さて、お風呂へ

お風呂は内湯2、露天2 夜と朝に男女入れ替えとなります

北アルプスを眺めながらの一人露天
DSC01863s.jpg
贅沢すぎて、  んふふっ   って声でたわ

内湯への階段
DSC01867s.jpg
こういう設えもいちいちオサレです

我が家はボロ宿とか自炊が多いですが、
こちらのオサレ旅館は、なぜか定期的に行きたくなる魅力があるのです

お湯、宿の設え、お料理、お値段  のバランスがいいからかな

内湯は熱め イイね~
DSC01862s.jpg

カランはこんな感じ
DSC01858s.jpg

ずーっと一人なのをいいことに、写真とりまくり~の
お湯に浸かりまくり~の、 ときどき 「ぬあ~~~っ」 とさけびーの 


脱衣所も都会的ですわよ
DSC01855s.jpg


お風呂上がりはこちらの憩いスペースでまったりできます
IMG_9883s.jpg
本、雑誌、エスプレッソマシーン、麦茶などが用意されています

こちらは部屋のお茶セット そば茶もあるよ
IMG_9873s.jpg

さて、ゆうごはんスペースへ
IMG_9888s.jpg

どれも美味しくて、盛り付けもきれい
DSC01869s.jpg

少しずつ いろんなものが食べられるのは、のん兵衛のワレワレには最高
DSC01868s.jpg
IMG_9893s.jpg
IMG_9891s.jpg

お酒は「水尾」を注文しました
DSC01871s.jpg

天ぷらは揚げたてが次々と出てきます  これは こごみ
DSC01870s.jpg

この茶碗蒸し、おいしーんです!
DSC01872s.jpg
トマトとモツァレラ入りだよ うんまいよ♪

後半は写真撮り忘れ・・・

牛ヒレの和風出汁スープとか、野沢菜茶漬けなどなど、絶品でした
満足って言葉ではまとめられない、なんとも幸せ~なゆうごはんでした



朝風呂
DSC01888s.jpg
男女入れ替わり、朝は岩風呂
こちらも熱めの硫黄泉

朝食はバイキング
DSC00584s.jpg
手づくりのお惣菜が並ぶ


女性が喜ぶこと間違いなしのお宿です
奥さまをお連れするなら、ココですよ!!


次回、新潟「大沢館」につづく・・・




にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ
にほんブログ村

[edit]

CM: 6
TB: 0

page top

2017-07

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。