スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

毒沢鉱泉「神乃湯」 @長野 

2012/10/16
Tue. 07:41

先週末はバイク3台・車1台 合計6人でツーリングに行ってきました

お宿はこちら 毒沢鉱泉「神乃湯
DSC01464s.jpg
八ヶ岳のふもとに位置し古くから湯治の温泉として知られる宿です

DSC01462s.jpgDSC01461s.jpg
DSC01467s.jpgDSC01450s.jpg
DSC01452s.jpgDSC01455s.jpg

その昔、武田信玄が金発掘の際、怪我人の治療に利用したと伝えられている鉱泉
DSC01438s.jpg
DSC01439s.jpg

男女別の内風呂が1つ 露天風呂はありません
DSC01441s.jpg
こちらは鉱泉のため、加温してあります
泉質は 含鉄((監))-アルミニウム-硫酸塩冷鉱泉(酸性低張性冷鉱泉)

茶褐色の湯は肌にキシキシする感触 これは割と好きです

こちらは加温していない源泉そのままの湯舟 2℃です  勇気いるよ~
DSC01444s.jpg
一人入ればいっぱいの大きさ
冷たくてギャーーっとなりますが、せっかくの源泉、 我慢して浸かるべし

飲用鉱泉
DSC01445s.jpg
口に含むとほんのり酸っぱい
ミネラルウォーターに酢橘を絞ったような味です 鉱泉のため冷たく、美味しい 

外は老杉が生い茂る森
DSC01442s.jpg

外に出られるようになっており
森を眺めながらあったまった体をここで冷すのもまた格別
DSC01446s.jpg
DSC01447s.jpg


お風呂のあとは反省会
545497_426703517390887_250692724_ns.jpg
ワインの1升ボトル
6人で2升呑んだヨ  ←それを反省しなさい ってツッコミは却下~



古いお宿ながら、館内をモダンに設えてあるので、若い方にも好まれるお宿ではないでしょうか
DSC01456s.jpg DSC01453s.jpg

スリッパはなく、裸足で絨毯や畳を歩くのも気持ちがいい
DSC01459s.jpgDSC01470s.jpg


朝風呂後のコーヒー
DSC01468s.jpgDSC01448s.jpg

翌日も快晴
DSC01466s.jpg
さ、東京まで一気に走るぞ



にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

福島の旅 ~早戸温泉「つるの湯」お湯編~  

2012/09/26
Wed. 06:59

「つるの湯」はこの美しい只見川を眺めながらゆっくりとお湯に浸かるのが最高である
DSC01369s.jpg

しかし、岸にびっしりとこびりつく泥  豪雨が残していったものである
DSC01388s.jpg
以前はたくさんの水鳥がおり、親鳥の後をヨタヨタ泳ぐ小鳥の姿が微笑ましかった
潜って餌をとる練習をする姿もかわいく、露天で見入って のぼせたもの

今回はその姿が見られなかったが、戻ってくるだろうか・・・



湯治棟にある内風呂に入る
DSC01374s.jpgDSC01383s.jpg
泉質はナトリウム-塩化物泉
源泉温度53.5℃のため湯舟に注ぐ量が少なめだが加水なしで楽しめるのが良い
DSC01385s.jpgDSC01377s.jpg
つややかな昆布茶色だが、口に含むと味もうす~い昆布茶味
DSC01384s.jpg

こちらは人気の温泉施設
DSC01391s.jpg
人が多いため写真はとれず、玄関のみ

夕方まで露天風呂をゆっくりと楽しんだ
DSC01371s.jpg




翌朝は霧
DSC01387s.jpg
只見川は雪景色も素晴らしく、水墨画の世界
白い霧が立ち込める風景を見ながら、雪の只見川を想いつつ

朝のコーヒーを淹れる
IMG_9067s.jpg
やかんがカワイイ

道の駅で買ったラディッシュ 100円
IMG_9077s.jpg

朝食できあがり~
IMG_9079s.jpg
しいたけのバター醤油いため
ラディッシュのサラダ
とうもろこしの塩茹で

道の駅野菜でヘルシーな朝食だった


昨日、煮物と枝豆をくれたおじいちゃんが、今朝、チョコレートをくれた
IMG_9081s.jpg
お嬢さんのハワイ土産だそうだが、 ワシは甘いもんは喰わんからぁ  と

もったいなくて食べれません・・・




朝の台所は賑やかで、
自炊宿が初めてという老夫婦が私の持参した食材や調味料を「なるほどなるほど」と見入っており

どんなもん(調理道具)があるんかわからんから、なんでもかんでも持ってきてしもうて
荷物どっさりになってしもたわ  持ってこんでも何でもあるんやねぇ~~
でも、こういうの楽しいね~~~ とワクワク笑顔で話していた


自炊宿はお客さんとの触れ合いもまた格別です




にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村



[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

福島の旅 ~早戸温泉「つるの湯」自炊編~ 

2012/09/25
Tue. 06:01

金曜の朝、夫を玄関で見送る際  「明日、どっか行かない?」

いつもこうである  急にもほどあるのである


「じゃあ早戸」     「お、いいね」 と言い残し出勤していった


で、福島 早戸温泉「つるの湯」に電話をする  ダメモトである

人気の自炊宿 前日に電話して断られたこと多々あり

が、空いていた!  嬉しすぎて夫にFBで即、報告 



土曜の朝
西湖キャンプでの悪夢の渋滞の記憶が新しいワレワレ、
5時には目覚め、さっさと荷造りして福島を目指した

会津若松で手打ち中華
DSC01355s_20120925015721.jpgIMG_9046s.jpg
地元のお客さんで人気のラーメン屋さん
焼き鳥が名物だが、ワレワレは麺のみ  麺! 麺!

ラーメンをすすった後
五ノ井酒店 と 道の駅経由で、 宿到着


勝手知ったる他人の家
DSC01360s.jpgDSC01361s.jpg
冷蔵庫は各部屋にもあり                    電子レンジ  トースター

DSC01357s.jpgDSC01358s.jpg
食器や調理道具はすべて揃っています 手ぶらでOK
小さい小さいおちょこ ワレワレはこれでは間に合いませんぞ

DSC01359s.jpgDSC01362s.jpg
ガスは10円入れてレバーをくるっと回して約10分 調理は時間との戦いだヨ
3合炊きの炊飯器が各部屋分あります これは自炊宿でも珍しい

DSC01389s.jpg
シンクは2つ
次の方のために、調理後はこのように何も残っていない状態で台所を去るのが暗黙のルール

選んだ食器
IMG_9048s.jpg
自炊宿の中には、以前は1泊2食にしていたが今は自炊のみ、という宿もあり
そういう宿だと同じ柄・形の食器が大量に積み上げられ選ぶ楽しさがまったくないのですが
こちらはさまざまな食器が置かれていて、あれこれ選ぶのが楽しみの一つなのです


台所で一緒になったおじいちゃんが、煮物と枝豆をおすそわけしてくれた
IMG_9050s.jpg
大根にイカの旨みが滲みていて  ウマか~~!
1週間の湯治だそうな  うらやましか~~

んで、もずくと辛み大根のポン酢和え をお返しする
DSC01372s.jpg
おじいちゃんが手間をかけて作った煮物のお返しにしては誠にオハズカシイ代物だが
大阪名物「旭ポン酢」の美味しさに免じて許してちょ (>_<)

はい、お鍋はじめますヨ
IMG_9060s.jpg
パンツ忘れても旭ポン酢忘れません         お下品なこと言いました

道の駅で買った唐辛子を醤油漬けに  昨日もUPしましたが。。
IMG_9059s.jpg
お鍋と言えば柚子胡椒が欠かせないワタシですが
忘れてあちゃ~~(>_<) と思っていたところ、道の駅でこれを見つける

あまりのウマさに、お鍋ができあがるのを待ちきれず、冷やっこで食べる  うんまい!
IMG_9063s.jpg

今回も 「天明」2本、新規入荷です
IMG_9061s.jpg

野菜は全部、道の駅でゲットの タラ鍋 できた~!
IMG_9065s.jpg


うまかった~~~ (^o^)



つづく・・・


にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村



[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

福島の旅 ~赤湯温泉「好山荘」~ 

2012/09/16
Sun. 06:00

赤湯温泉「好山荘」
IMG_8757s.jpg
「日本秘湯の宿」ですヨ

お風呂は3箇所
露天(男女) 内湯(男女) 貸切露天1つ

まず 露天(女性)
IMG_8722s.jpgIMG_8723s.jpg
IMG_8729s.jpgIMG_8724s.jpg
IMG_8732s.jpgIMG_8729s.jpg
露天は赤湯でなく、白濁した「硫黄泉」
硫黄のイイにおいに包まれて   まったり~

そして内湯(女性)へ
IMG_8737s.jpgIMG_8742s.jpg
IMG_8743s.jpgIMG_8744s.jpg
IMG_8745s.jpgIMG_8746s.jpg
こちらもじゃばじゃばと注がれています
なんとも美しい色です、 大地の恵みですね
西日がさしてキラキラと光るお湯を見ながら、   我、ビールを想う


はい、 ビールタイム
IMG_8753s.jpg

そして 「天明」
IMG_8754s.jpg


いい感じで酔ったあとは、温泉犬をおちょくりに行く
IMG_8750s.jpg
温泉犬でパグは初めて   無愛想でかわいい

遊んでいると、女将さんだろうか、宿の女性がこちらをくださった
IMG_8782s]
ちょうど牛乳配達の方が来ていたのだが
賞味期限が本日までということで、置いていったそう

手前は、湯治のお客さんからの差し入れ
そういえばさっき男性とすれ違ったが、その人かな

かぼちゃ、絶品でした
お砂糖だけで茹で、茹であがりに塩をぱらっとふりかけてある
野菜の煮物というと、コクが必要と思い、ついつい濃いお出汁で煮てしまう私だが
そんなの必要ないんだなぁ、と思わせられる 目からウロコのお味だった



ゆっくりと陽が落ちていく
IMG_8760s.jpg

立ち寄り湯のお客さんも少なく、静か
IMG_8768s.jpg
空を見上げながら、  ボーっとする

空が赤く染まるころ
IMG_8762s.jpg
ご主人が自分で作ったという、ご自慢の「貸切露天」を堪能する

新館の壁面に突き出た、この造作物である

無理やり増築したのであろう、 屋根づたいに歩き湯舟を目指す
IMG_8781s.jpg
仲居さんが言いにくそうに説明してくれたが、 このせいか・・・

しかし案外、がっちりと創られており、  恐怖ゼロ

はい、 湯舟です
IMG_8773s.jpgIMG_8776s.jpg
IMG_8777s.jpgIMG_8778s.jpg
露天と同じ、硫黄泉  山が見渡せ、解放感バツグン

夕飯
IMG_8783s.jpg


貸切露天は、夜は満天の星空だから入るといいよ!
とご主人がすすめてくれたのだけど
NHKの「吉田茂」に見入ってしまい、 そのまま爆睡・・・


いいお宿でした
赤湯 そして 硫黄泉
紅白のお湯はどちらも新鮮そのもので、大地の力を感じます
ご主人はじめ、宿の皆さんがとても親切で優しく明るく
疲れを癒しにいった夫は、すっかりこちらの宿の虜になり
再訪を約束して宿をあとにしたワレワレであった


帰り道、人気旅館の前を通過したら、車がたくさん停まっていました
お天気が良かったこともあり、すれ違う車もバイクも多く
昔の活気が戻っている

福島は元気だ

また行こう



にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村



[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

福島の旅 ~五ノ井酒店・あべ食堂~ 

2012/09/15
Sat. 06:00

先週の土曜の朝
夫が急に「温泉に入りたい」と言い、急遽 行くことになった福島の温泉1泊旅行

福島にはホンモノ温泉と旨い酒と旨い麺があり
東京から近いこともあってよく行っていたのですが
震災以降、足が遠のいていました

でも以前はこんな風に、朝、急に思い立って行っていたのは 福島
どこ行く~? となって、お互いにネットで検索し始めたのはやはり、福島でした

決めたのは 赤湯温泉「好山荘」 お初の宿です
文字通り、赤いお湯のお宿


30分で準備し、 出発!


ワレワレの温泉1泊旅行はいつも決まってコレ↓


1)ラーメン屋の開店時刻を目指して高速を突っ走る

2)ラーメンを食べたらビール・日本酒の買い出し

3)道の駅で野菜をゲット

4)14時には宿 到着

5)お風呂 → ビール → お風呂 → ビール・日本酒 → 夕飯 → 爆睡

6)朝風呂

7)朝食後 即、帰路

8)午前中に東京着


観光、一切しません
目的が「お湯」なので朝風呂入れば用はなし!
  

で、まず向かったのがココ 会津坂下のお酒屋さん
IMG_8706s.jpg
ラーメンと順番が逆ですが、高速を降りてこっちが手前なので、買い出しを先に

「五ノ井酒店」
IMG_8707s.jpg

有名な「飛露喜」を目当てに訪れたのが最初ですが
ココで大好きな「天明」と出会い、以来、大の「天明」ファンです
IMG_8708s.jpg

五ノ井さんのすぐそばにある、「飛露喜」を生み出した「廣木酒造」
IMG_8710s.jpg
入口には 「飛露喜 完売」 の文字が

そして喜多方ラーメン 「あべ食堂」
IMG_8712s.jpg

きゃは~♡
IMG_8715s.jpg


お宿は次回・・・



にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村



[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

2017-09

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。