スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

吹きガラス教室の想い出 

2012/09/17
Mon. 06:15

以前、吹きガラス教室に通っていました

その時に作った器です

こちらは酒器
IMG_8859s.jpg
カラフェは以前もUPしたことがありますが、青いグラスは初めてかな

カラフェは奇跡の出来栄え 数多くの駄作の中で、唯一、曲がっていない作品です

青のストライプのグラスは、  信じないでしょうが
同じものを2つ作ろうとして、こうなりました (T_T)

こちらは夏のお素麺用
IMG_8866s.jpg
お素麺を入れる大きな器と、つゆ用 のつもりです・・・

青のドットが点々とちりばめられたイメージでつくりましたが
ガラスを焼き、冷め、・・・ を死ぬほど繰り返した結果、
クリアのガラスに青が溶け込んでしまいました

こちらは小さいどんぶり位のサイズ
IMG_8871s.jpg
気に入って使っています

コレも同じものを2つつくる目標だったけど・・・
IMG_8874s.jpg
見事に違うカタチに・・・

楽しかったけど、ホントに難しいものでした

陶芸とはまた違い、瞬間芸ですので
みるみる形が変化し、思うようにはいきません

そして何より大変だったのは、2人一組で作業するということ
私が入った初心者クラスは、初心者と言えどももう3、4年習い続けている方もおられ
私からするとベテランの域

なのにその方々と組んで、1つの作品をつくりあげねばならないのです
私が作り手のときはいいとして、相手の方がつくる際、私はサポート役

例えばビールグラスの取っ手をつけるとなれば
私が溶けたガラスを鉄の棒の先につけて
素早くその方が待つベンチへ運んでいかなければいけないのです

モタモタすれば、その方がキープしているグラスは冷め、  割れて終わり・・・
割れないように、一旦、炉に入れて暖め、またベンチに戻る
私がモタモタする間中、相手の方はこれを繰り返すことになるのですが
炉に入れる時間が長いとグラスは曲がり
また、せっかく飲み口を薄く形作ったのに、分厚く変化していきます

取っ手だけでなく、でき上がるすべての工程において
サポート役の技術が作品に色濃く影響します

なんとも緊張感のある習い事でした
先生が、まさしく手とり足とり丁寧に教えて下さり、楽しい楽しい経験でしたが
仕事が忙しくなってきて、いまはお休みしています

作りたいものがたくさんあるので再開したいけど
あの緊張と申し訳なさをふたたび経験することに、どうしても二の足を踏んでしまう、、、



そんなこのごろです。。。




にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

徹夜でヘロヘロ、しかしハレバレ 

2012/06/07
Thu. 11:01

今日は書道教室 作品展の〆切り日
IMG_7812s.jpg
賞状技法士講座というのを習って5年になります
作品展は3度目のトライ

徹夜です  ヘロヘロです  (T_T)

でもホントに本気で取り組んだ
悔いはなし 気分はハレバレ

ボロボロ  ヘロヘロ  ヨレヨレ状態ですが
これから提出に行ってきます

帰りに銀座でチーズとワイン買うぞ!
んふふ♪


夫が嫌う、あのセリフ言っちゃお



          自分へのご褒美~♪



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

2017-05

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。